中古車を売る際に必要になるものを調べてみました

中古車を売る際に必要になるものを調べてみました。

売却金額を振り込むための振込口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)などを用意しておきます。取説やスペアキーがあれば買取金額が上乗せされることも十分考えられます。車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその額は異なります。

相場以下の値段で愛車を買い取られてしまうのは残念なことです。

そんなことのないように、最初から買取業者を選んでしまわず複数の業者から見積もりを集めて大体の相場を知る手掛かりにするとよいです。

ところで、ネットなどで業者が示す見積もり額と車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、その点は用心しておくのがよいでしょう。時々、高額の見積もりを出して客を誘い、相場より下の査定額をつけるたちの悪い業者もいることはいます。車の査定を受けるのなら、一円でも高い値段がついてほしいものですが、そうした際のための話の仕方と手順を知っておく必要があります。まずはじめに、あたりをつけたいくつかの業者から、見積をもらいます。

価格についての話はこの時点ではしません。

それらの中から出た、最も高い金額を基準に価格交渉をしてみます。

話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、値をつり上げようと何度も繰り返すと、本気で売る気はなさそうだと思われて交渉できなくなるでしょうから、その辺りは見極めが必要でしょう。

下取りで車を引き取ってもらう時には名義変更の手続きの必要があるので、しっかりと書類をまとめとくのが大事なのです。名義変更の手続きの場合は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使います。

あと、譲渡証明書にハンコを押すために実印も持ってきましょう。

先日、インターネットの一括査定サイトを通して申し込み、車の出張査定を受けました。

出張査定は無料で、手数料は必要ありませんでした。下取りで買い取ってもらったときには査定料を取られた上、本当は買取の方が得だったことが明らかになり、これからは、古い車の売却は買取に限ると思いました。

ネットのオークションにも関心がないではありませんが、ネットを通した車の個人売買はトラブルが多いということですし、きちんと対応できる自信もないので、業者に買取を依頼した方が気が楽です。家族が増えたので8年間乗ってきた車を買い換えました。

古い車は下取りしてもらうことになったのですが、実際、下取りしてもらった経験はなかったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額でOKしてしまいました。家に帰って中古カービューの車査定サイトを見ていたら、けっこうな高値で、車買取のほうも検討してみるべきだったといまさらながらに後悔したものでした。中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、他にも引き取った後に減額する事を言われたという話を友人から聞いた事があります。

車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、取引後の減額やキャンセルなどの有無を教えていたか、それと、どのような状況、理由から減額になったのかで対応できる事は違うものになります。

ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。新車などに買い替える時に、今まで乗ってきた車を買ったディーラーへ下取りに出すことが数多くあると思います。だけど、ほとんどの場合では、下取りでは納得できるような価格の査定をしてもらうことができないものです。

しかし、ネットの買取り専門店に売却る場合は、車を下取りする場合よりも、高い価格で買取してもらえる可能性が高いでしょう。

車の状態は売却価格の決定において大変重要な見どころとなります。

故障した箇所がある場合、見てすぐにわかるような損傷箇所がある場合は、査定額を大きく下げてしまいます。

走行距離は原則的に短い分だけ評価も上がると思ってください。新車を手に入れて5年乗った後であるなら、3~4万キロだと高評価となります。トラックで人気な色といえば、昔からホワイトが不動の一番人気です。ところが、その他の車種ですと、査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。良く買われている色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が車買取においても査定額に有利に働くという事ですね。

あるいはパール系やメタリック系ですと、ソリッド系に比べると査定に有利なようです。

また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。